▲ Page Top

教育理念

HOME

学校紹介

学部・コース

学校生活

入学案内

入学Q&A

学校紹介

教 育 理 念

至 誠

本校の建学の精神である校訓「至誠」は、人間にとって最も大切な心構えであり、本校創立以来90年間、不変の教育理念として現在に継承されています。 教育は、徳育・体育・知育の調和がとれた人間を育成することが目標です。本校では、「まごころを尽くす・・・至誠」を教育の最高目標とし、近代的知性に合わせて誠実で品位ある人間づくりを目指しています。
そして21世紀の社会のニーズに応えるために、更なる教育の充実と飛躍に努めています。

徳育とは

いつの時代でも、誠実で品位に満ちている人柄は男女の別なく社会の中で求められている重要な資質です。
そこで本校では創立以来学んできた「礼法」を改め、昭和59年より独自の必修教科として「徳育」を位置づけ、教育のバックボーンとして取り組んできました。
徳育こそが「至誠」を具現化するものであり、心の豊かな人づくりにつながる教育の原点と考えています。

祝儀・不祝儀袋の書き方

ビジネスマナー講座

和室のマナー

静座

社会人としての素養

品位と教養を養う3年間

人間づくりに欠かせないものは学習や部活動と共に、礼儀作法や思いやりです。徳育は上の写真に見られる様に多彩な内容で、日本人として忘れてはならない心と知識を養う教科です。

本校独自の指導

「心は形にあらわれ、形は心をつくる」という信念に基づき「徳育」では、実技を多く取り入れ、ティームティーチングで決め細かい指導を心掛けています。 また、本校独自に編さんした教科書を使用して学習しています。

徳育が変わる

本校では、徳育を「総合的な学習の時間」の取り組みとして実践して参りましたが、次期学習指導要領において「総合的な探求の時間」へと生まれ変わることを受けて、 2018年度より徳育の内容に「探求学習」項目を新たに組み込みました。従来の徳育学習内容を重視しつつ、これから求められる「自ら課題を見つけ、探求する」という能力を習得できるよう、努めてまいります。

■探 求 項 目

(1) 課題設定 ①進路をどう考えるか。
②進路について知る。
(2) 情報収集 ①自分のことを知る・大学について知る。
②身の回りのことから考える。
③社会のテーマから考える。
(3) 整理・分析 ①文理選択について考える。 ②大学・短大・専門学校の入試について知る。
③身の回りの職業について知る。
④変化していく社会について学ぶ。
(4) まとめ・表現 ①探求してきた進路について整理する。
②レポートにまとめ、発表する。

■徳 育 項 目

徳育で学ぶこと・徳育とは・創立者の横顔 目上の人に敬意を払う(挨拶・会話など)
同窓会室見学・校歌・瞑想・制服の着用について 道の尋ね方と案内の仕方(校内)
挨拶と礼(立礼・椅子の掛け方・離れ方) クリスマスリースを作る
欠席・遅刻・早退の届け方・言葉遣い・他 年賀状の書き方(恩師に年賀状を出そう)
茶菓の接待①(座席の決め方・セッティングの仕方) 作文「新年の抱負」
茶菓の接待②(紅茶の入れ方と出し方・頂き方) 和室でのマナー①(座学)
清掃ボランティア活動(1学年全員で) 和室でのマナー②(実技)座礼・立ち方など
静座(1学年全員で) 和室でのマナー(実技)襖や障子の開け方・閉め方